社会人講座の利用

公認会計士の試験合格のために、専門学校で講座を受ける人は多いでしょう。その中で、働きながら受けられる社会人講座があるのはご存知でしょうか。ご興味のある方はインターネットで検索しますと、様々な情報が得られますから、ご覧になって下さい。

2~3年はかかるという公認会計士になるための勉強時間で社会人講座を受けると、勉強が効率よくはかどるようです。忙しい社会人のために講師がいつでも質問に答えてくれたり、通学講座、通学講座に加えてWEB講座もあるコースがあったり、通信のみの講座もあるという便利さは遠方の人にも助かるものでしょう。その人のライフスタイルに合わせてお好みの社会人講座を選べます。

とにかく早く合格したい人、仲間を作って勉強したいという人は通学講座がお勧めです。通学の時間がないと言う人、のんびりと自分のペースで勉強したいと言う人は通信を選んでも良いでしょうし、通学と通信の組み合わせのものを選んでも良いでしょう。日頃、忙しい仕事で社会人であれば、尚更、このような選択は貴重です。

このように専門学校で行われている社会人講座をうまく利用しましょう。どんなに困難な試験でも、サポート体制のある中での勉強は合格の可能性を広げてくれるでしょう。社会人講座は公認会計士を目指す社会人の頼もしい味方です。

公認会計士になるには

公認会計士になりたいと思う人は多いでしょうが、なるにはどうしたらよいのでしょうか。公認会計士になるには、国家資格取得が必要です。この国家資格は公認会計士の試験に合格することで取得できるのですが、この試験に合格するのが大変で、司法試験の次に難しいとさえ言われています。

受験資格は意外なことに、年齢や学歴は関係ないのです。まずは、筆記試験があります。その内容をご紹介いたしますと、「短答式」と言われるマークシートの試験と「論文式」と言われる記述式の試験があります。マークシートに合格したのちに、記述式の試験が受けられると言う形式で、その内容は会計に関する様々な知識です。毎年、この試験に合格するのは受験者の中の約10%以下と言われていますから、狭き門と言っても良いでしょう。

筆記試験合格ののちは、現場での実務補助経験になります。会計専門の会社に就職して知識や技術を磨くということで、この現場経験は2年以上です。こののちに、日本公認会計士による終了考査(筆記試験)を受け、合格した人が公認会計士として登録できるようになっていましたが、2006年よりこの試験は廃止されました。ここまで、費やす勉強時間は2~5年位かかる人が多いようですから、長期戦です。

とにかく始めの筆記試験だけでも難しいのですから、勉強は大変です。社会人でこの資格を目指すという人もいますが、多くの人は専門学校で社会人講座を受けて試験に臨んでいるようです。

公認会計士の講座

公認会計士は憧れる人が多い人気の職業ですが、試験に受かって資格を得るのが難しいことでも有名です。受かるために、専門学校に通って講座を受けると言う人が多いようです。

まずは、公認会計士について、ご説明致しますと、公認会計士とは会計の専門家と言われていまして、会計審査(財務諸表監査)を専門としています。その他に、行う業務は経理、コンサルティング、税務と幅広いところからもお分かりのように、かなりの知識を要するのです。このようなことからも、試験が難しさ、合格の厳しさが窺えます。

こういった理由から、公認会計士になりたいと思う人は、専門学校の講座を受けると言う人が多いのでしょう。独学で合格というのは無理とはいえませんが、なかなか厳しいことです。まして、学生であれば学校の勉強との両立、社会人であれば仕事との両立、人によっては家庭との両立という場合もあるでしょう。そうなりますと、講座を受けて効率の良い勉強をした方が受かりやすいのです。学生のうちに受けることも出来ますから、学生のうちからチャレンジして、何回かのチャレンジ後に合格を勝ち取ったと言う人もいますし、社会人で社会人講座を受けて合格した人もいます。講座を受けるのは、時間もかかりますし、お金もかかりますが、最終的に合格できれば、有難いものでしょう。

当サイトは、公認会計士の試験合格までにかかる勉強時間において社会人講座を利用することについて、皆様に分かりやすくお伝えいたします。公認会計士になるには、どうしたら良いか、社会人講座を利用するにはどうしたら良いか、ご説明致しますので、ご参考になさってください。